カテゴリー別アーカイブ: ブログ

親友

昨日、友人から、ラインが来ました。
「お墓参り、今年は、いつ行く?」と。
毎年の恒例です。

大切な、大切な友人が、
14年前の5月にこの世から旅立ちました。

その時。

なぜこんなことが起こっているのか、
すべて何も変わっていないのに、
目の前で、彼女が息絶えようとしている現実。
過去のことですが、リピートで見るドラマのように、
覚えています。
その時の天気も、彼女を囲む空気も、鮮明に。
ガンの末期で、自宅療養していた彼女。
彼女が、旅経とうとしているその時、私は、彼女の手をさすっていました。
確かに、目の前の彼女は、意識こそありませんでしたが、全身で息をしていました。
生きようとしていたと思います。
生きたい!と思っていたはずです。
でも、私にも、家族にも、どうしようもできないから、
私は、
彼女の二人の子供を抱きながら、必死で彼女に語っていました。
いや、叫んでいたかもしれません。
二人の子供は、まだ、14年前は幼児。
子供たちは、理解できないその場。
家族みんな集まっているし、少し、ハイテンションだったのでしょう。
お母ちゃんの友達の私が、久しぶりにそこにいるものだから、
日ごろの出来事を私に報告したりしていました。
「わかったよ。だから、お母ちゃん起こしてあげて!!!」
「お母ちゃん!!と言ってあげて!!!触ってあげて!!!」
私、そんなことを言っていたと思います。
子供たちは、無邪気に、
「お母ちゃーん、ただいまー!」
「ただいまって言ったら、お帰りー!って言わないと(笑)」
「お母ちゃんな、いつもは、お帰りーーって、言わはるねんで(笑)」
「今日は、寝てるわ」
そんな子供たちのいつもの無邪気な表情の中、彼女は、旅経ちました。
その場の光景は、1か月前も、1年前も、何も変わらないのに、
確実に、彼女は、その時、逝ってしまいました。
二人の子供たちの声、聞こえていたのかどうか、
そばにいる、家族の声、感じていたのかどうか、
どんな、気持ちで逝ってしまったのか、
きっと、彼女は自分のお母さんに、ありがとうと言ってたでしょう、
多分、ご主人、子供たちと握手しながら、じゃあね!と明るく言っていたことでしょう、
すべて、だれも、わかりません。
14年経った今でも、この世では、確かめられません。
でも、残されたみんなの中に、
彼女は、明るいハキハキ優しい、その面影はしっかり、残していってくれました。
その直後に見た、彼女の自宅玄関に飾ってあった写真。
1年前の家族旅行の写真でしたが、子供たちとはしゃぐ彼女のピース姿が、動きそうでした。

 

二人の子供たちは、すくすく育ち、二人とも、立派です。
上のお兄ちゃんは、社会人。
弟も、勉強頑張り中です。

私たちも、毎年5月には、彼女の眠るお墓に、しゃべりに行きます。

いつもきびしい、それが優しさの彼女。
なんでも、話せた、心友。
まだ、彼女が病気にもなっておらず元気な時、
逆に、私が危なかった時があって、
その時、ベッドの上の私の顔をなでながら、言ってくれた言葉。
「何もいらないけど、健康が大切だね。病気したら、健康のありがたさ、わかるよな。
元気になろっ!なっ!」
年下だったけど、お姉さんのように力強く言ってくれました。
その彼女が、その言葉から1年後、逝ってしまい。

子育て終わったら、海外旅行行こうな、
開業したら雇ってな、
恋愛のこと、
子育てのこと、
おいしいもののお店のこと、
夫のこと、
患者さんのこと、
お産のこと、
開業のこと、
たくさん話しました。
しぐさも言葉も声も、覚えています。
今も若いままの彼女の表情で。

 

友人から「お墓参り、いつ行く?」
のラインが来る4月の後半。
ふとクリニックにいても、彼女を思い出す、そんな時期です。

 

(クリニックに関係のない内容で失礼しました)

eri.hosoda

 

桜咲く

 

本当に今年の桜は、早いです。
もう、満開!
毎年4月のブログにアップするのですが、10日ほど早い気がします。

今日は、郵便局へ行く道、桜のアーチの下を歩いてきました。
小さいお子さんずれのご家族、老夫婦、営業の途中の息抜きっぽいサラリーマン、
いろんな方が、桜の下で、スマホやカメラを向けておられました。
のどかな風景です。世の中みんな、幸せで、ゆとりがあるように見えるのは、桜のせいでしょうかね。

今年も堂々と咲き誇る、貫禄さえ感じる桜並木ですが、
毎年、思うことがあります。
この桜を植えてくれた人たちのことです。
どんな方でしょうか?どんな思いがあったのでしょうか?
この立派な桜並木を想像しながら、植えて下さったのでしょうか?
多くの人たちが楽しそうに、うれしそうに、この下を歩くイメージされながら植えて下さったのでしょう。

いつからこの桜並木があったかは、不明ですが、50年は経っている様子。

そのころの植木職人さん、1本1本丁寧に植えて下さり、
今、こんなに生きているのです。

ありがとうございます、感謝です、と思ってしまいます。

世の中には、数えられないくらい、たくさんの仕事があります。
「仕事をする」の「仕事」には、
人の心や形、として残り、見たり、語り継がれたりする、そんな思いが込められる仕事もあるわけで・・・・。
そんな仕事をしてくださる方が多くいらっしゃるから、今、私たちは、平和を感じるのかもしれませんね。
こんな思いを馳せる場所が、クリニックの真横にあることがうれしくも思いました。
すごくラッキーですよね。

IMG_6838肉眼ではもっと豪華なんですけどね

 

IMG_6846川に写る影もくっきり。

 

IMG_6848桜のトンネルも今が絶好調。

 

IMG_6849今年はユキヤナギもきれいです。

eri.hosoda

雑感

春のにおいがし始めてきました。
花粉症、卒業・入学、転勤、言葉にも春っぽさが加わってきています。

 

思うこと。
並べてみようかと。

 

近くにコンビニができました。
すごく嬉しい!!
そう思う私は現代人か!??
便利になって嬉しい反面、便利になりすぎて人間だめになるだろうな、という思いもよぎります。

 

例えば

 

昔は・・・・・
待ち合わせ、大変だっただろうな、携帯もメールもないから。
今は時間、間に合わない!→すぐ、ラインして、OK!
場所わからなかったら、アプリで検索!

昔は・・・・・
友達の家に電話するの、緊張したな・・・
 親御さんが出られたら、あいさつして、〇〇ちゃんおられますか?と敬語を使い・・・
みんなの電話だから、長話もできず・・・
近くに親がいれば、話も筒抜け・・・
今では、携帯で部屋から電話。いつでもどこでも、メールやライン。
緊張感、全くなし!楽ちん!

 

昔は・・・・・
テレビのチャンネル一つ変えるのも、めんどくさかったな、リモコンなんてなかったから。

見たいテレビ番組の家族間で取り合い。今では、そんな会話ないですよね、予約録画できますから。

お風呂のお湯を貯めるのに、いい具合の時に蛇口を締め忘れてあふれさせてしまったこと多々!今じゃ、量も温度も自動に止まるし・・・

洗濯機、洗う時間や強さはダイヤルを回してました。すすぎの時は、水を出し、終わったら止める。なのに、いつのまにか全自動!

挙げだしたら、きりがなく、便利になったなあ、なりすぎてるかなあ、と思います。
でも、その分、頭も使わなくなったし、会話したり、言葉を考えたりすること、
少なくなったはず。体も、動かすこと半分以下くらい減ったはず。
人間、退化しそうです。

 (注*でも、近くにコンビニは嬉しい!)

 

ある人といろんな苦労話をしていたら

【沈んだ気分の時】
うまくいったときは、堂々としてればいいやん!
失敗したら、練習だったと思えばいいやん!
と話してくれました。
ごもっとも!!!素敵な言葉です!!!
人生はそう思いながら生きていくのがベストかも。

「そだねー」と答えましたが、
なんだか、この会話のあと、余計にドッと沈んでしまいました。
クリニックの日々は、
失敗だ!練習と思おう!
そんなことは、ありえないし、次もない。
命の誕生に、練習もやり直しもないのですから。

日々、出産するママ自身も、スタッフ一同も、そう思っています。

今日は、いい天気です。
一か月後、天神川の桜が、咲き誇ります。

eri.hosoda

 

 

 

2月14日

毎年、ありがとうございます。

院長へのチョコ。

超ブランド、ゴディバが、
「義理チョコをやめましょう」と新聞に掲載した広告が話題になりました。
それを見て、複雑・・と答える女子が多く、
反対に、「よくぞ言ってくれた」と言うのは、男性陣が大多数なのが、現状だったそうです。
男性陣のホワイトデーのがんばりを苦とする人の意見でしょうかね。

院長は、ホワイトデー、大歓迎!!
これ、みんな喜ぶだろうなあ、、とか、
これ買ったら、ホワイトデー当日出勤のひとにしか、当たらないなあ、、とか。
男の女子力?のように、真剣です。
もちろん、スタッフへ、いろんな意味を込めて、プレゼントできる機会なので
一緒に、選ぶこと、私も楽しみのひとつ。

 

先日、クリニックに来られる営業の方とお話している時、おっしゃってました。
去年の職場のホワイトデーのお返しを買いに、土曜日の休日に、京都から夙川まで後輩と出かけたそうです。
「夙川クッキーローゼ」
ネット購入でも、半年前でも予約無理、幻のクッキーと言われています。
お店での直接購入は、長蛇の列、500mくらい列ができる覚悟の必須のお店です。
その方は、10時開店なので、覚悟して、8時に行き並んだ結果、自分の少し前で終了です!の宣言がされたとか。
悔しくて、翌日リベンジで、朝5時から並んでやっとゲットした、ホワイトデーのお返しだったそうです。
会社の女子職員の方も、話題のクッキー喜んでくださったとか。
「みんな喜んでくれて本当によかったですよ!!5時から並んだ甲斐がありました!!」
と話してくださいました。
すごい美談。

無駄なことは排除していいと思いますが、
こういう交流は、大切かな・・と思います。

 

今年の院長へのチョコは、
「牟尼庵」
1  2  3
パッケージも、きれいですよね・・・・
冷凍なので、冷凍庫から出して、3時間後からおいしいですよ!と教えてもらい
1日遅れて、15日にいただきました。

お饅頭とケーキの合体をチョコにした、普通のトリュフとも違い、ふわふわで、
口の中に入れたら、食べるより溶ける感触。
でも濃厚で、、、、
ベリーベリー、ベリーベリー、おいしい!!!!
私の口にも、おひとつ入りました。

今年も、贅沢な幸せ時間のバレンタインでした。
私の友チョコの数と院長のいただいた数比べたら、
私の勝ち!!!!!
もちろん、私への友チョコは、「先生にも!ご主人にも!ご一緒に」がプラスされているので、
微妙な勝ちです(笑)

 

ありがとう!!St.Valentine‘Day!!

eri.hosoda

ヘアスタイル(笑)

スタッフAが髪の毛をバッサリ切りました。
早速、周りのスタッフから、ゥオゥ!!!と驚かれ、ヘアスタイル談話。
よく見れば、スタッフ間で、同じような髪形多数。
6人7人と名前が上がり、クリニックの流行りか!?と、笑ったり。
でも、体系も違い、年齢も違い、髪質が違うと、印象もそれぞれ違います。
なのに、あるスタッフが
「しゃがんでいたら、Jさんに見えた!」
「この後ろ髪の跳ね具合がやはりJさんに似てる!!」とか(笑)
その後、1か月検診に来られたママさんみんな、
「お久しぶりです!髪の毛、切らはりましたね!!素敵です」
「若くなりましたね」
と絶賛ししてくれていました。
ヘアスタイルを言い合えるママとスタッフ。
いい感じで、ほほえましい、内診室(!!!)でした。

 

そう言えば、1か月ほど前、
外来で、あるママが、
「先生、すっきりしましたね、髪形。だいぶん、切られましたよね!!!」
と。
大爆笑!
確かに、院長が散髪に行くのは、絶妙な合間に行きます。
だって、散髪中、ケープをかけられて、髪の毛びしょびしょのままの時、クリニックから電話かかってきたことも、何回かあります。
もちろん、今日こそ、散髪に行く!と決めていても、
お産になりそうな方いらっしゃるときは、行けません。

(余談)

(お風呂に入る前、お産の待機の方がおられないことを確認。
が、お風呂に入った途端、入院の方が来られ、しかも、即生まれそう!!との電話があり、
頭、泡もこもこ!
洗面器で、お湯をジャバジャバかけ、シャワーも全開かけまくり、
ほとんど濡れたまま、服を着て、濡れたまま分娩室に直行!
‥‥ということも何度か経験)

 

なので、少々期間が空いた時の院長のヘアスタイルは、くせ毛が悪さをして、
爆発状態。それはそれで、私も、スタッフも見慣れてくるのですけど。
昭和の主婦のようで・・つまり、サザエさんのやや膨らみ系のよう。
散髪した直後は、患者さんが、
「先生、すっきりしましたね~」と言われるのは、御もっともです。

数年前、患者さんのお子さんが、先生をジーーーと眺めて
「もじゃもじゃマンや!!!」と言ったこと、思い出しました。
子どもは正直です。誰も否定できません(笑)

こんな、ほんわかした、スタッフと患者さんとの会話、
クリニックが落ち着いている時の、なんかいい感じ、です。

eri.hosoda