カテゴリー別アーカイブ: ブログ

こんな時こそ

一向に収まらないコロナウイルス。
2019年には、インフルエンザによる死亡者人数が3000人を超えています。
この3000人は、医師がインフルエンザと認めた人のみであり、
インフルエンザで肺炎を併発したり、持病が悪化し亡くなった場合は含まれていないのです。
インフルエンザで死亡する人も、こんなにいるのがあまり知られていない現状。
それなのに、今回のコロナウイルスは、
速報で患者発生数を発表したり、政府が動いたり、オリンピックまで延期になる事態。
インフルエンザとコロナウイルスと違うところは、
罹患者の人数や、死亡者、重篤者の数よりも、
薬や予防接種が現段階でない!ということなのでしょう。

布マスクを世帯2枚ずつ配布??、国家予算、つまり税金から200億円かかるそうです。
それよりも、
その莫大なコストを医療面に充てていただきたい、
一刻も早く予防接種、薬の開発ができるように費やしてほしい、
医療崩壊寸前の病院に援助してほしい、
もっと現実味のある援助をしていただきたい、
そう、1主婦、1医療者、1納税者として思います。

さて、そんなこと考えても、私は首相でもないので、何の解決策にならないので・・・

こんなにコロナというウイルスの自然の脅威を感じる中、
自然のありがたさも感じます。

天神川の桜。

ほとんど不要不急以外の外出をしない今年の春。
でも、天神川の桜、今年も何もない顔して咲いていたのです。
買い物帰りの道。風もなく、日差しも暖かく、雲もない青空。
保育園児も元気に散策中で、
本当は日本は平和なんだよな・・と思い、
ほんの一瞬、コロナを忘れる景色でした。

1      2

 

 


3     4
eri.hosoda

 

新型コロナウイルスに関するお知らせ

テレビをつけても、スマホを開けても、人と話す時も、
いつもコロナコロナで、気分が伏せてしまいます。
世界中がコロナに乱されています。
こんなに世の中が、人が、素晴らしく発展しているにもかかわらず
目に見えないウイルスに、かき乱されていること。
本当に悔しいです。
健康を維持し、ウイルスの広がりを許さないこと、
それが基本、そして、まだまだ続くかもしれないと思われる、
今、を乗り越えていこうと思います。

この状況が、いつまで続くのか、不安になりますが、
そもそも、コロナウイルスは、風邪のウイルス。
不安や恐怖ばかりでなく、みんなで何か対策を考えるいい機会と思って、
過ごしていこうかと思います。
早く、インフルエンザのようにワクチンや薬が開発されることを祈るしかありませんね。

クリニックでも、いくつかの対策を考えています。

まず、入院患者様に関しては、面会制限をさせていただきます。

お産の入院が迫っておられる方は、
下記の文章を守っていただきたく、書面でもお渡ししています。

 

*******************************************

面会制限実施のお知らせ
新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、当クリニックでは、
入院患者様の面会に関して、制限を実施しております。
入院中の面会は、原則ご主人のみとさせていただきます。

みなさまには、ご不便をおかけしますが、
当面の間ご理解とご協力をお願いいたします。

分娩時立ち合いの場合のみ、お子様可能にしておりますが、お部屋から出ることなく、かつ、分娩終了し帰室までとさせていただきます。
実施時期に関しましては、政府の動き、ウイルス拡大状況にもよりますので、
未定です。

医)産婦人科細田クリニック

 

********************************************

 

よろしくお願いいたします。

 

外来、母親教室は、延期、中止はできませんので、従来通り行っております。

外来受診時は、本人と夫のみとし、本人とお子様だけの受診の場合は、受付に相談して下さい。

外来入口にある、消毒液にて、手の消毒をしてお入りください。

また、マスクを必ず着用していただくことをお願いいたします。
なお、医療用マスクも不足しておりますので、個々にお渡しすることができません。
必ず、自分でマスクを用意していただくことをお願いいたします。

発熱、風邪症状がある方は、先にお電話いただき、時間調整を行いたいと思います。
直接来られるのではなく、必ずお電話くださるよう、ご協力をお願いいたします。

こんな世界的に大変な時でも、お産は、延期でも中止でもなく、
行われます。
この日常が、ありがたくもあり、そして、守っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

eri.hosoda

若い夫婦で

少し前、若い10代のFちゃん夫婦に、赤ちゃんが生まれました。

(もちろん、ここに書くこと、FちゃんママにOKもらってます)

ママのお母さん(ややこしいので、ここではおばあちゃん、と)
とは、知り合いなので、
妊娠の最初から、話は聞いていました。

すごく悩んで、考えて、葛藤しながら話し合いをして、
「産む」決心をしたこと。
周りの人、身内の人にも、驚かれたり、時には反対されたこと。
それでも、二人が揺らがなかったこと。
若い二人が産むこと、それだけでなく、そこから始まる、生活していくことの大変さ、
何度なく、家族で思い知ることがあったこと。
でも、その都度、
表に立たず、裏から支えるおばあちゃん(おばあちゃんという年齢じゃないけれど)は、
Fちゃんママに現実を語ってこられたこと。

すごく前向きに、いい方向に導かれていたのだろうなあ、と感じました。

お産の時、若いママとパパ、がんばりました。

パパそっくりの赤ちゃんが生まれてきてくれたその瞬間、
ママの笑顔、パパの微笑み、本当にかっこよかったなあ・・

今日、退院してから、久しぶりにパパ、ママ、赤ちゃんに会いました。

 

おっぱいも頑張っている様子。
夜中もしっかり頑張っている様子。
日々、パパはずっといっしょにいたいくらい、かわいがっている様子。
今日私に、抱っこさせてくれたママのしぐさは、我が子に対する慈しみたっぷり。
1か月経たない赤ちゃんが、穏やかで、ニコっと笑ってくれて、
なんといい子に育てていること、と感じる瞬間でした。
ママいわく、ママの小さい頃に、そっくりだとか。
でも、目を閉じた赤ちゃんは、やっぱりパパそっくり。
そうやって数分話しただけで、若い夫婦の笑顔に、安心しました。

10代の夫婦が、産むという結論を出すことは、
賛成、正解の場合、だけではありません。
でも、
Fちゃん夫婦に、赤ちゃんが運んできてくれたものは、
どんな楽しいことより、
どんな面白いことより、
もっともっと、大切なことを運んできてくれたんだろうなあ・・と思います。
なにより、10代と思えない、ママの成長っぷり。
Fちゃんの変身ぶり、成長ぶりは
拍手喝采です。
何なんでしょうね、ママをここまで成長させてくれる、
赤ちゃんのパワー。
だから、Fちゃんファミリーが出した結論は、大正解。
何のみじんもなく、本当に生まれてきて良かったね、という答えです。

この夫婦なら大丈夫、
このママなら育てられる、
このパパなら守ってくれる、
そんなところを選んで生まれてきてくれたんだろうなあ。

がんばれ!

自信をもって、パパとママの愛情たっぷりの子育て、できるよ!
心から応援したくなる、
今日の赤ちゃん、パパとママの笑顔でした。
ありがとう。
eri.hosoda

バレンタイン

今年のバレンタイン。
去年より、何個か、多くいただいた院長は、
全部並べて、スマホの写真に収めていました。

スタッフみんなからも、スイーツ、いただきました。
日々、プレゼント、というものから、遠ざかる年齢ですが、
スタッフからいただくプレゼントは、心に染みます。

毎日、年齢を重ね、体のあちこちにガタを感じ(笑)、
それでも与えられた仕事をこなし、
3食食べることができ、夜、帰る家がある、
翌朝、また、おはよう、とみんな、そして患者さんと言えること、
当たり前のことだけれど、すごく恵まれていることです。
時には、お産で夜中に起き、そのまま外来、またお産、帝王切開。
そんな日もたびたびありますが、
この生活をもう少し、がんばって!!と励ましてもらっている、
そんなありがたいバレンタインです。

 

今年は、超レアなスイーツ。

https://bonbonrockett.com/

 

通販だとネット上、朝7時にスタートで、秒速で、SOLD OUTだとか。
購入してくれたスタッフは、7時前からスマホを握り、1秒かからず、で通販サイトに入って買ってくれた、超々ありがたいスイーツ。
「これ、絶対、先生とえりこさんに食べてもらいたかったし、がんばったわ!」
と言ってくれました。
あやかれる私も、なんとありがたく、幸せな気分。

それはそれは、最高な味でした。
文章では、表現できません(笑)
これ、カロリー高いよ、とスタッフからの助言ありでしたが、
口の中ではあっさり(私たち二人は・・)
胃にも、もたれることなく(私たち二人は・・)
濃いエスプレッソとともに、いただきました!!!!!!
だれかに、贈り物するときの1つにしたいなぁ、と思いました。

2月14日

あと、3日分残っています。
仕事から帰ると、「今日は、何時に食べる?」
という合言葉。
なんだか、1日があっという間に次の1日になってしまうけど、
あと3回楽しませてもらえます。
eri.hosoda

あけましておめでとうございます

今年は、穏やかなお正月を迎えることができました。
お天気も。
クリニックも。

 

私たち・・・
2019年、産婦人科、この仕事をしている以上、楽な1年という年はいつの時もありません。
それでも、無事2019年を終え、
あけましておめでとうございます、と笑顔で言えるお正月であったこと、
本当に良かったです。

 

2018年の出生率が91万人。過去最低。
分娩数が少なくなる一方で、一人一人の症例は、合併症や異常が多く、
今までよりさらに慎重さ、医師、助産師、看護師、他、働くスタッフのセンスが求められます。
院長はじめスタッフもあたりまえのように年齢を重ねます、なんといっても体が資本。
機械類が高度になる反面、修理や故障はその分、複雑・・・。
建物もあちこち古くなる・・・。
しかも、お産を扱っている施設が存在し続けることが、難しい時代になってきたことも。

そんなことをひしひしと感じる2019年でした。

それでも、がんばろう!
産婦人科続けていこう!
産婦人科でよかった!
と思わせてくれる、ママの力と生まれようとする赤ちゃんの姿。
私たちは、占い師でもないし、人生の決定者でもありませんが、
今、目の前で頑張っている、ママや、赤ちゃんの、
「生む力」「生まれてくる力」
それを支えているパパやお兄ちゃんお姉ちゃん、
そのお手伝いをさせていただいている、
そう思っています。
産婦人科医の知識を生かします。
ある限りの体力を注ぎます。
助産師看護師として、いろいろな提案、お手伝いします。
外来では、不妊治療の方、更年期の方、思春期の生理痛や避妊目的の方、
それぞれの方に、何らかの方法で楽になって欲しい、少しでも悩みなく過ごしてほしい、
そう思っています。

そんな細田クリニック。
2020年、さらにいろんな出会いがありますように。
院長はじめ、スタッフ一同健康で過ごせますように。
今年も素晴らしい1年だったね、
と2020年12月31日を締めくくれますように。

 

 

eri.hosoda